▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

カラミざかり・レビュー

カラミざかり【桂あいり】飯田もオナニーするのかな…

会員登録しなくても無料でお試し読み出来ます

詳しくはこちら

 

クラスメイトの男女4人、いつも他愛もない会話で学校生活を過ごしていた

 

しかしある日、興味本位で訪れた男子の部屋で多感な彼らはついに一線を越えてしまう…

日常、好奇心、片思い、そしてセックス

 

夏の日、彼らの身体と心は複雑に絡まり合う。



カラミざかり【桂あいり】 第一話 あらすじ

ある高校生男女4人の物語

彼らは同じクラスの仲良し4人組だ。

 

貴史(たかし)は野球部所属。

怪我のためしばらく休部をしていたが近々部活に戻る予定だ。

貴史の仲良し友達の高成(こうせい)は、飯田里帆に思いを寄せている

高成と里帆は未だ友達同士なのだが…

 

ある日、貴史と高成が一緒にお弁当を食べていると横で同じクラスの野村の話が聞こえてきた。

野村とはちょっと派手な女の子で、大学生の彼氏とのデートの話をしているのを聞いてしまった

俺もヤリてぇ!!貴史は思わず大きい声で言ってしまう。

 

貴史の大きい声に恥ずかしくなる高成。

 

貴史は、自分の携帯に撮っているAV女優を高成に見せながら言った

 

このAV女優飯田に似てね?

 

顏を赤らめながら、はあ?と否定する高成もそのAV女優のことは後々まで気にしていた。

 

すると、新山智乃(ともの)が、貴史の携帯を後ろから覗き込み、パッと取り上げた

飯田里帆に見せ

 

これ里帆に似てるって

 

 

里帆の事を気に入っている高成にとって、とても気まずい出来事であった。

 

そして、その日は学校の授業も終わり帰宅する。

 

貴史から見せられたAV女優が気になった高成は、家に着くなりベッドでそのAV女優の作品を見ていながらオナニーしていた。

確かに、飯田に似ている

 

そう思いながらオナニーしていると思わずティッシュの中に出てしまった精〇

ビデオの中のAV女優は、自分でオナニーをするように男優に言われている

 

ほら自分でしてごらん

 

高成は思った。

 

飯田もオナニーするのかな…

 

時同じくして、飯田里帆の家では、里帆も同じAVを見ながらオナニーしていた。

 

AVの中で、男優が女優の中に挿入している。

里帆は、自分の中指を自分のマ〇コに挿れた



カラミざかり・第一話を読んだ感想

思春期を迎えた高校生のよくある、心の変化・カラダの変化が桂あいり先生の、鋭い観察眼で描かれています。

こんなこと感じたな、こんなクラスメイトいたな、と懐かしい思いにしてくれます。

桂あいり先生は、女性なので女性らしくソフトなタッチの性の描写が好きな方には特におススメです

 

ただ、セックスするだけの濡れ場ばかりのエロ漫画に飽きた方にもとてもおススメします

ストーリー展開もきちんとあって、ジワジワした興奮を与えてくれます♪

自分が高校生の時に感じた気持ちを桂あいり先生の、素晴らしい描写で表現されているのですごく感情移入してしまいました。

そして、この巻の一番の見せどころは飯田里帆のオナニー姿だと思っています。

 

友達の新山智乃に比べると口数も少なくて、大人しくて清楚な感じのする里帆ですが、その里帆がAVを見ながら、男優・女優と一緒にイってしまう姿には、本当に濡れてしまいました。

4人のメインキャラクターがそれぞれ個性的なのですが、みんなクラスには一人はいたタイプで、この漫画は自分の高校生時代にカムバックさせてくれるものと思います

 

 

 

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

-カラミざかり・レビュー

Copyright© カラミざかり~桂あいりファンサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.